主要なブラウザ一覧

主要なブラウザ

WEBサイト制作では、主要なブラウザを知っておく必要があります。
理由は、ブラウザごとにHTMLやCSSの表示結果が異なる部分があるからです。
特に、一般ユーザーの使用率(シェア)を把握することは、とても重要です。
サイト制作の現場では、複数のブラウザで表示チェック「クロスブラウザチェック」を行い、表示に差がなるべく違いがないように制作していきます。
Windowsでのチェックは、Google Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Internt Explorer11。
Mac OSでのチェックは、Safari、Google Chrome、FireFirefox、Microsoft Edge。
モバイルサイトは、iOSのSafari、AndroidのGoogle Chrome、Android Browserでチェックすると良いでしょう。

chrome Google Chrome(グーグル クローム)
メーカー Google(グーグル)
実行環境 Windows, Mac, iOS, Android
レンダリングエンジン Blink(ブリンク)
JavaScriptエンジン Google V8 JavaScript Engine
特徴 検索サイトのグーグルが開発したブラウザです。日本で最もシェアが多いブラウザです。モバイル版もありますが、PCとCSSの実装状況が異なるので注意してください。
safari Safari (サファリ)
メーカー Apple(アップル)
実行環境 Mac, iOS
レンダリングエンジン webkit(ウェブキット)
JavaScriptエンジン Nitro
特徴 Mac OS、iOSを開発しているApple社のブラウザです。Mac OS、iOSでは、標準でインストールされています。日本のモバイルブラウザで一番シェアが多いブラウザです。モバイル版はPCとCSSの実装状況が異なるので注意してください。
edge Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)
メーカー Microsoft(マイクロソフト)
実行環境 Windows, Mac, iOS, Android
レンダリングエンジン Blink(ブリンク)
JavaScriptエンジン Google V8 JavaScript Engine
特徴 Windows10から標準ブラウザとしてインストールされています。Windows 10に標準インストールされいるため、日本ではGoogle Chromeに続いてシェアが多いブラウザです。
※開発当初は、独自のレンダリングエンジンでしたが、2018年末、Google Chromeと同じレンダリングエンジンに移行が発表されました。
2021年1月にGoogle Chromeと同じレンダリングエンジンになりました。
Firefox Firefox(ファイヤーフォックス)
メーカー Mozilla(モジラ)
実行環境 Windows, Mac, iOS, Android
レンダリングエンジン Gecko(ゲッコー)
※iOS版は、webkit
JavaScriptエンジン SpiderMonkey
特徴 最近はシェアが少なくなりましたが、今でも愛用しているユーザーが多くいるブラウザです。モバイル版もありますが、シェアは少ない状況です。
Internet Explorer Internt Explorer(インターネットエクスプローラー)
メーカー Microsoft(マイクロソフト)
実行環境 Windows
レンダリングエンジン Trident(トライデント)
JavaScriptエンジン Chakra(JScript)
特徴 IEとも呼ばれ、Windows10以前のOSで標準インストールされていました。モバイル版はありません。他のブラウザと違い、異なるバージョンが今でも使用されている場合があります。
IE11は、日本でまだ8%ほど、シェアがあり、対応するか検討が必要です。
最終版は11でこれ以降のバージョンアップはありません。サポートも順次終了します。下記はサポート終了時期です。
Internet Explorer8(Windows Xp) サポート終了
Internet Explorer9(Windows Vista) サポート終了
Internet Explorer10(Windows8) サポート終了
Internet Explorer11(Windows7) サポート終了
Internet Explorer11(Windows8.1) 2023/01/11
Internet Explorer11(Windows10) 2025/10/15

各ブラウザのデフォルトCSSと更新情報

ブラウザには、デフォルトのCSS(User Agent Stylesheet)が内包されています。
自身でCSSを指定しなくても、テキストのサイズが違ったり行の間隔が違うのも、デフォルトCSSのためです。
ここでは、主要なブラウザのデフォルトCSSが公開されているサイトと機能の更新情報のサイトを紹介します。

Google Chrome

Microsoft Edge

Safari

Firefox

Internet Explorer